自動車業界の今後について

みなさんは今の自動車業界についてどのように考えてますでしょうか?
おそらく、消費増税前くらいの時期には車がすごく売れて景気が回復しているから
今後もその勢いは止まらないと思っていた方も多いかと思います。

ざすが、いざ消費税が上がると一気に車の売れ行きが下がって未だに車の販売台数は低調なままです。その様子を見て今後も自動車業界は厳しいという風に見る人も多いかと思います。

でも、私はそれとは少し違った見方をしています。それはどういう事かというと、確かに今のままでは車の販売台数が大きく回復するのは難しいです。

ですが、今後自動車業界も何もしないで今のまま車を販売し続ける事はないと私は思っています。それは具体的にどういう事かというと、今はまだガソリン車が全盛ですが、今後は自動車業界の起死回生の策として電気自動車を普及させるという手に出てくると思います。

そうなれば、それまでガソリン車に乗っていた人は一気に電気自動車に乗り換えるという人が出てきます。それで自動車業界は一気に息を吹き返します。

ですから、今はまだそういう状況になっていないので今後も低調に推移していくように感じる方もいるかと思いますが、これからは確実に電気自
動車が普及していくと思うので決して自動車業界の未来は暗くはないです。

それどころか、電気自動車が当たり前の世の中になれば車は今の販売台数の比ではないので
絶対に自動車業界の未来は明るいと私は思います。
ビッグモーター 買取 流れ

知る人ぞ知るベストセラー車、フォード・フィエスタとは。

販売される新車の中でもコンパクトカーが人気である日本。そのコンパクトカーの中でもダウンサイジングターボにデュアルクラッチトランスミッションも積んで世界でベストセラーとなっている車ですが、テレビCMもありますが国産コンパクトカーほど多く流れることもなく、知る人ぞ知るベストセラーカーがあるのをご存知ですか?

その車とは、フォード・フィエスタ。
このフィエスタとは、フォードと言っても大きなボディのアメリカ車ではなくヨーロッパフォードがリリースする車で、ヨーロッパフォードの中でも一番小さいエントリーモデルとなっています。
1976年にデビューした初代以来、代々欧州でベストセラーモデルとなっていて、現行モデルは4代目。日本には今年導入されました。

エンジンは最近のトレンドであるダウンサイジングターボ、EcoBoostと呼ばれる1リッター3気筒エンジンを搭載。このエンジンは2012年のエンジンオブザイヤーを受賞しています。ミッションはゲドラグ製のPowerShiftと呼ばれる6速デュアルクラッチトランスミッションを積んでいます。
安全装備もサイドエアバッグ、ニーエアバッグ、カーテンエアバッグと3種類のエアバッグを搭載し、自動ブレーキシステムも搭載されています。

これら近年の技術的トレンドを搭載し、欧州でもベストセラーのなっているモデルですが、値段は200万円少々と国産車よりは若干高いですが、輸入車で同クラスとなるフォルクスワーゲン・ポロより大幅に安い価格設定となっています。今は知る人ぞ知るコンパクトカーとなっているフォード・フィエスタ。まだ知らない方も多いかも知れませんが乗ると良さのわかる一台かも知れません。

自動車の買取りを上手に進めるためには

自動車の買取りを上手に進めるためには、いくつかの方法があります。先ず第一に、売り時を逃さないことです。そのためには、自分が所有している車の相場状況を常に把握するようにしましょう。季節や市場状況によって、中古車の販売価格が変動するのと同じで、査定額も常に変動します。

例として、フルモデルチェンジの前後で考えてみますと、フルモデルチェンジ後には、当然、新型が売れるため、今まで持っていた車を下取り等で手放す人が増えます。そうしますと、前モデルの型が中古市場に増えますので、買取価格は下がっていきます。そのため、高額で売るためには、フルモデルチェンジを行う前がいいでしょう。

次に、買取りセンターなどのお店選びも重要です。実際に、査定を出す時には、いくつかのお店で査定をおこなってもらい、比較検討するようにしましょう。また、ドレスアップしているものが得意、スポーツカーが得意、ワンボックスカーが得意など、お店によって得意なジャンルがある場合もありますので、お店の情報を事前に調べておくことも重要です。現在は、インターネットで複数のお店に査定をしてもらうことも可能になっています。

最後に車の状態も重要なファクターです。外装、内装が傷だらけ、喫煙していて中がタバコくさいなどの状況は、売ることが難しいため、買取り額が下がってしまいます。また、走行距離は少なければ少ないほど高額で売却が可能ですし、車の購入前に気をつけることは、人気の車種・グレード・ボディカラーなどを選択すると、買取りを優位に進めることができます。